Emacsアイコン

org-modeやらhelmやら、なんでもいいのだが、意図しないキーを押してしまい、知らないコマンドが実行されてしまうことがある。

そのようなときは、とりあえずCtrl + gで中断したり、Ctrl + x uでアンドゥしたりするだろう。

で、そもそも俺はいったいどのキーを押してしまったのだろう?と疑問に思ったら、続けて次のキーを打てばいい。

F1(ファンクションボタンのF1)
l(アルファベットのL)

これで関数view-lossageのショートカットになっていて、直前のキー操作と実行されたコマンドの履歴が表示されるので、どんなミスタイプしているかを追跡することが(たぶん)できる。

例えば、org-modeあるある、と言えるのかわからないが、 org-modeには、column viewというちょっとやばめの表示方法がある。

このviewに切り替えるショートカットが、 C-c C-x C-c というかなり平凡なキーになっているので、指がガバガバになっているEmacserは勢いあまって押しやすい。

初めての人にはナニコレ?? だ。

ここで前述のlast commandを知っていれば、さくっとキー操作の履歴を表示して、

 C-p [previous-line]
 C-c C-x C-c [org-columns]
 <f1> l [view-lossage]

お、こいつはorg-columnsというやつだな、とあたりをつけることができる。 そして、orgの深みにはまっていくこと請け合いだ。

というわけで、困ったときは F1 + l しよう。